デザインという、着想から印刷までのプロセス全体を指す場合と、アイデアからレイアウトまでの狭い範囲を指す場合があります。
デザインという言葉自身は「計画」というという意味であって、前者の意味に近いのです。
弊社での作業は、全体のイメージをどう定着させるかということであり、イメージを作るためにターゲットの把握からはじまって、写真やイラストの作成、配色の計画などを行います。
パンフレットのサイズ、ページ数はこの段階え最終的に決めることになり、企画の段階で作られたラフスケッチをより具体的に決めなければならないのです。それを元にイラストや写真といった素材を作っていきます。
もちろん、イラストはイラストレーター、写真はカメラマンに依頼するときは、コンセプトをきちんと説明し、狙っているイメージを伝えるのも、デザイナーの仕事であるのです。
弊社では「斬新に」「美しく」「的確に」をクリエイティブのベースと考え、常に新しいアイデアの抽出と美的感覚に、エネルギーを注いでいます。
どんな小さな仕事でも、「創る物にはすべて愛情をこめて」というのが私たちのスタイル。その情熱がユーザー様にしっかりと内容が伝わる源となっていくのだと思います。
デザイン制作をするにあたって最重要なのが「テーマ」です。
テーマは、いわばその企画全体に与えられる名前のようなものなのです。必要であれば、テーマを補足する資料や解説を付けます。
この資料には、独自のマーケティングしたデータやこれまでの実施例、ライバル会社の実例、海外の傾向などが含まれます。
次に欠かせないのが「ターゲット」です。受け取る側の人(ターゲット)がどのような状況にあるのかその情報を把握し、分析することで、カラー配分やキャッチコピー、あるいはキャラクターまで決めることができます。
「テーマ」「ターゲット」が把握できると、いよいよデザインの基本的な方針を決める段階に入れます。どのような考え方で制作するかということえすが、これを「コンセプト」と言います。
コンセプトに基づいて、全体のイメージが決まり、ここでラフスケッチが作られます。これを企画書などと一緒にクライアントに提出し、見せる事を「プレゼンテーション」と言い、プレゼンでクライアントの了承が得られれば、本制作がおこなわれ印刷原稿が作られます。
※画像をクリックしますと拡大します。
DM パッケージ 折り込みチラシ リーフレット POP広告 名刺・DM